RSS | ATOM | SEARCH
2016→2017

あけましておめでとうございます。

嵐のように過ぎ去った2016年。

そして嵐のように過ぎるでしょう2017年!!!

 

毎年1年って早いなって思ってたけど、2016年は、ちょっと尋常じゃなかった。

10月のLimited Express (has gone?)リリースとボロフェスタ以降は、さすがにぐっちゃぐちゃで、多くの人に迷惑かけちゃいました。そんな中で支えてくれた人、応援してくれた人にマジ感謝です。

 

NHKでさえ2016年を振り返り、しかもエンタメに消化することに果敢に挑戦していたので(好き嫌いは置いといて)、ちゃんと振り返ろうと思います。紅白のゴジラ vs X JAPANは最高でしたwww

 

 

Limited Express (has gone?)(http://www.limited-ex.com/)は、『METEOTIC NIGHT』と題して、名古屋、福岡、岡山、郡山を回らせてもらいました。一緒にやらせてもらった札幌のHAPPENING STYLEと名古屋のTHE ACT WE ACTは、本当にかっちょいいので来年なにか一緒にやりたいなぁと企んでいます。

 

2016年後半戦は、とにかく9月14日(水)にリリースした2MUCH CREWとの合作『CHAMPURU OF DOOM』、そして10月12日(水) にリリースした5th album『ALL AGES』 にかかりっきり。2MUCH CREWの合作は、デザイナー阿部周平氏も含めてみんな自由で刺激的で、わくわくしっぱなし! 閉まらないジャケットはヤバいよね... さすがに...

 

 

『ALL AGES』 は、サウンド・エンジニアの原浩一氏や、ジャケット・デザインのHIRATA TAKAHITO氏、流通PCI MUSICの小山純平氏、映像監督の大石規子さん等にも手伝ってもらいながら、新メンバー初の、そして最強のアルバムが出来たと自負しています。

 

Limited Express (has gone?) 

5th album『ALL AGES』 

発売日:2016年10月12日(水) 

品番:ch-158 

税抜価格:2000円+税 

発売元:LessThanTV 

販売元:PCI MUSIC 

 

<TRACKLIST> 

1. NO MEAN 

2. MOTHER FUCKER 

3. This world is too small for me 

4. それはずるい 

5. Looking for INSPIRATION 

6. Discommunication 

7. ギャーギャー騒げ 

8. METEO DAYDREAM 

9. PSYCHO ME 

10. Good night kids 

11. インダストリア 

 

 

レコ発として名古屋、京都、静岡、大阪等も回らせてもらいました。2017年も『ALL AGES』のロードは続きますが、なんにせよ、1月14日(土)@新代田FEVERのワンマンライヴ! 集大成のどっしりした演奏と、リミエキらしいおもしろさに溢れたライヴにしたいと思っています。これはまじで来て欲しい!!!

 

1月14日(土)@新代田FEVER

『ALL AGES』発売記念 Limited Express (has gone?) one man show

OPEN/START 19:00(LIVE START 20:00)

ADV. 1000 / DOOR 1500(+1D)

DJ : ABE Shuhei

GUEST : Have a Nice Day!、ぽえむ(2MUCH CREW)、Yo!マイキー(2MUCH CREW) and more...

 

 

 

OTOTOY(http://ototoy.jp/)は、ストリーミングサービスが台頭してくる中で(実際、今もSpotifyを聴きながらブログ書いてるw)、これからどんなビジネスをしていくかということを考え続けた一年でした。確信しているのは、OTOTOYでしかない魅力があり、商品があり、価値があれば、リスナーもアーティストもOTOTOYに来てくれるってこと。そういう意味では、時間はかかるけど、常にアーティストとリスナーを繋ぐ存在でありたいと思っています。

 

2016年3月のHigh Resolution Festivalは、ハイレゾ業界に一石を投じれたと思っているので、次回開催が決まっていないのが残念ですが、またやりたいと思っています。

でも、ハイレゾ配信サイトがみんな集まって

 

ハイレゾ音源大賞

http://hi-res-award.com/

 

なるものをはじめました。まさか自分がいつも見てる特ダネの小倉智昭さんに取材できるなんてw。これは、将来的にCDショップ大賞に対抗できるようなものにしたいと思ってますので、毎月チェックしていただければと!

 

BiSHの勢いには本当にわくわくしたし、そこに割り込んできたBiSの復活もおもしろかった。Suchmosやnever young beachが一気にブレイクした感と、D.A.N.やyahyelの台頭等、インディーロック・シーンのスピード感に振り落とされそうになりながらも、サニーデイ・サービスの『DANCE TO YOU』のレベルの高さに平伏! 2016年にこのアルバムが産み落とされしかも市場の評価を勝ち取ったことは、とても意味があることだと思います。海外勢では、MELT YOURSELF DOWNやAcoustic Ladylandが好きでよく聴いてました。フジロックのRobert GlasperやKamasi Washingtonにはまじぶっ飛ばされたので、ビルボードに見に行ったら、座り席で躍りたくてウズウズしまくったのは良い想い出。

 

そうそう、新年早々、OTOTOYでBiSのおみくじが始まりました。

ぜひ今年の運勢を占ってみてくださいな。

 

ボロフェスタ2016(http://borofesta.jp/)では、Limited Express (has gone?) / Have a Nice Day!の「Heaven Discharge Hells Delight」をKBS HALLのメインステージを2つ使って演奏し、会場中でモッシュピットができたのは、見てみたいとずっと思い続けた光景でした。15年やり続けて、アンダーグラウンドとオーヴァーグラウンドのアーティストやリスナーが同現場にいて、踊り狂う姿。本当に垣根をぶっ壊す瞬間! その光景を、ボロフェスタ2016の自分たちのステージで出来たことは、おこがましいことなんだけれど、本当に、本当に嬉しい。

 

それ以外にも、今年のボロフェスタ2016は、奇跡を呼んだ瞬間がいっぱいあった。

 

ここにあがっている

Limited Express (has gone?) feat. BiSH

https://www.youtube.com/watch?v=5LaZvuef5RE&feature=youtu.be

 

もだし、音源にもなった

MOROHA / @ボロフェスタ2016

http://ototoy.jp/feature/20161221005

 

もだし、土俵をつくっちゃったどすこいSTAGEは最高だし、それをぶっ壊したクリトリック・リスにはお説教せなあかんしw、前夜祭のはちみつぱいからceroへの流れは震えたし、夜のメトロでの躍ってばかりの国やどついたるねんも良かったなぁ。あの後、スタッフとも打ち上げして、いっぱい話して、個人的にはやっとこさボロフェスタ2017のモードになれそうです。15年やって思ったことは、ボロフェスタは最高で、関わってくれるスタッフや、お客さんや、アーティストが結局はまじ最高ってこと。月並みやけど、これしかない。15年やり続けて、こんなシンプルなことに気づいた。みなさん、15年も続けさせてくれてありがとう!

 

 

 

JUNK Lab Recordsとしては、

MY DISCO 『Severe』(日本国内盤)

folk enoughアナログ二部作

「Genoa close ep」 「BLACK FRUG ep」

を発売。

 

http://www.junklabrecords.com/news.html

 

MY DISCOも久しぶりに日本に招集できたし(やっぱりあいつらさいこう!)、folk enoughの音源からは、サニーデイサービスと同じようなぶっとさと果敢に挑戦するアティチュードを感じることができて最高でした。folk enoughと全然タイバンできてない... 一緒にやりたいぞ!

 

 

 

リアル脱出ゲーム(http://realdgame.jp/)も激動の年。いや、リアル脱出ゲームは、毎年かw。

リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト@幕張メッセは、最大規模であり、最新であり、可能性のオンパレードでした。ボロボロになりながらも、この公演を創り上げたのは、リアル脱出ゲームの未来を大きく照らした! 

実際その後に出来上がってきた「君は明日と消えていった」「地下謎への招待状2016」「監獄アルバトロスからの脱出」は本当に面白いし、そのチームにしか創れない内容としてオリジナリティが爆発しているところは、SCRAPが加藤飯田の体制から脱皮し飛躍する大きな一歩となったと思います。

 

海外では、ゼルダの伝説×リアル脱出ゲームがめっちゃ話題。苦戦していた海外市場に、芽が出た瞬間でした。スタートは2017年2月! 大成功して欲しい。

 

アイデアだけで勝負してきたSCRAPも、継続することによってブラッシュアップされた、内容、運営、そしてPRが三位一体になることで、あらたなフィールドに立つことができる。そのことを実感し、さらに2017年はそこに果敢に挑戦し結果をだす。これは、僕の2017年の大きな目標の一つなのだ。

2017年は、リアル脱出ゲーム10周年! 盛り上がるだろう。そして盛り上がるようにも計画している。でもリアル脱出ゲームは、そしてSCRAPは、2020年だって、更にその先だって、人々を興奮させ続けたいと思っています。

 

 

 

 2016年は色々あったし、変わらずズタボロでしたけど、総じて楽しかった。

 だから2017年は、もっと楽しく生きたいと思ってます。テンション高めで、より楽しく!

 あけましておめでとうございます。2017年もどうぞよろしくお願いします。

author:JJ, category:-, 00:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
METEOTICからリミエキ自主企画へ!

今日は、岡山 YEBISU YA PROにて、

LessThanTV presents『METEOTIC NIGHT 岡山』

でした。

 

 

LessThanTVのイベントは、いつでもブームから少し外れた所にいるので、

集客が苦しかったり、物販に苦戦したりするのですが、

それでも、イアンマッケイの「おもしろいことは20人の前で起こっている」と同じくらいでかい言葉、

谷ぐち順の「お客さんはみんな友達でもいい」というアティチュードそのままにw、

どの会場でも異常に盛り上がるし、やっぱりみなみな半端なくかっこいい。

あと一つも同じようなバンドがいないのもうける。

 

今日のバンド達も、なんでこんなに変な人ばかりでてくるんだと思った。odd eyesのシュウトがMCで言った「METEOTIC NIGHTが面白いんじゃなくて、集まっているのが変なヤツらばっかりだから面白いんだ」って言葉は、その通りだと思う。

 

 

さて、次はLimited Express (has gone?)の自主企画だし、LessThanTVの面白さを一手に引き受けて、最高のイベントにしてやろうと思います。

 

大阪レコ発!

なんて活かすフライヤー!!!

DESIGN by HIRATA TAKAHITO (TANG DENG CO.,LTD.)

 

そしてなんて活かすメンツ!

大阪から「一番面白い奴らは自分たちと言い切る」KK mangaと、京都から「ボロフェスタの同志」メシアと人人と、名古屋から「まさかの来阪が決定」したTHE ACT WE ACTなんて、鼻血が止まらないメンツになりました。

 

うぉーーーー!!!!!! !!!!!! !!!!!!

こんな感じですねw

 

12月4日(日)@大阪火影HOKAGE-

『ALL AGES』release party

OPEN 18:00 / START 18:30

ADV.2300 / DOOR 2800(+1D)

w/ THE ACT WE ACT / メシアと人人 / KK manga

チケット : Limited Express (has gone?)予約あり→CONTACTから

チケットぴあ Pコード 314-284

info : http://musicbarhokage.net

 

 

そしてその前日にHUMAN GREATのよしくんに、静岡を組んでもらいました。

静岡は、ハバナイと回ったお騒がせライヴ以来!

こんな我々をよんでくれて、本当にありがたい!!!

 

12月3日(土)@静岡 騒弦

OPEN 18:30 / START 19:00

1500円+1D

w/ FUCKER / HALFKILL / タマラスカ! / 庭 / HUMAN GREAT

チケット : Limited Express (has gone?)予約あり→CONTACTから

 

 

そしてもう一発11月30日に大塚Heartsでライヴ。

ぐるぐる回るチームによんでもらいました。

 

GOOFY'S HOLIDAYとBELLRING少女ハートとおやすみホログラムって、ちょっと面白すぎる組み合わせ。

おやホロのワンマンがかっこ良かったし、彼女たちとなんかできないかな...

 

11月30日(水)@大塚Hearts+

HAPPY GO RICE vol.2〜Hearts+ 4th Anniversary〜

OPEN:18:00 / START:18:30

ADV. 2500円 / DOOR 3000円(共にドリンク代600円別)

w/ GOOFY'S HOLIDAY / BELLRING少女ハート / おやすみホログラム

チケット: ローソンチケット / イープラス

大塚Hearts+店頭予約: 03-5944-5424(10月12日 15:00〜予約開始)

Limited Express (has gone?)予約あり→CONTACTから

問い合わせ:大塚Hearts+ (TEL:03-5944-542)(受付15:00〜22:00)

 

 

なんにせよ、Limited Express (has gone?)はいまのってますので、見逃すな!

author:JJ, category:-, 18:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
METEOTICからリミエキ自主企画へ!

今日は、岡山 YEBISU YA PROにて、

LessThanTV presents『METEOTIC NIGHT 岡山』

でした。

 

 

LessThanTVのイベントは、いつでもブームから少し外れた所にいるので、

集客が苦しかったり、物販に苦戦したりするのですが、

それでも、イアンマッケイの「おもしろいことは20人の前で起こっている」と同じくらいでかい言葉、

谷ぐち順の「お客さんはみんな友達でもいい」というアティチュードそのままにw、

どの会場でも異常に盛り上がるし、やっぱりみなみな半端なくかっこいい。

あと一つも同じようなバンドがいないのもうける。

 

今日のバンド達も、なんでこんなに変な人ばかりでてくるんだと思った。odd eyesのシュウトがMCで言った「METEOTIC NIGHTが面白いんじゃなくて、集まっているのが変なヤツらばっかりだから面白いんだ」って言葉は、その通りだと思う。

 

 

さて、次はLimited Express (has gone?)の自主企画だし、LessThanTVの面白さを一手に引き受けて、最高のイベントにしてやろうと思います。

 

大阪レコ発!

なんて活かすフライヤー!!!

DESIGN by HIRATA TAKAHITO (TANG DENG CO.,LTD.)

 

そしてなんて活かすメンツ!

大阪から「一番面白い奴らは自分たちと言い切る」KK mangaと、京都から「ボロフェスタの同志」メシアと人人と、名古屋から「まさかの来阪が決定」したTHE ACT WE ACTなんて、鼻血が止まらないメンツになりました。

 

うぉーーーー!!!!!! !!!!!! !!!!!!

こんな感じですねw

 

12月4日(日)@大阪火影HOKAGE-

『ALL AGES』release party

OPEN 18:00 / START 18:30

ADV.2300 / DOOR 2800(+1D)

w/ THE ACT WE ACT / メシアと人人 / KK manga

チケット : Limited Express (has gone?)予約あり→CONTACTから

チケットぴあ Pコード 314-284

info : http://musicbarhokage.net

 

 

そしてその前日にHUMAN GREATのよしくんに、静岡を組んでもらいました。

静岡は、ハバナイと回ったお騒がせライヴ以来!

こんな我々をよんでくれて、本当にありがたい!!!

 

12月3日(土)@静岡 騒弦

OPEN 18:30 / START 19:00

1500円+1D

w/ FUCKER / HALFKILL / タマラスカ! / 庭 / HUMAN GREAT

チケット : Limited Express (has gone?)予約あり→CONTACTから

 

 

そしてもう一発11月30日に大塚Heartsでライヴ。

ぐるぐる回るチームによんでもらいました。

 

GOOFY'S HOLIDAYとBELLRING少女ハートとおやすみホログラムって、ちょっと面白すぎる組み合わせ。

おやホロのワンマンがかっこ良かったし、彼女たちとなんかできないかな...

 

11月30日(水)@大塚Hearts+

HAPPY GO RICE vol.2〜Hearts+ 4th Anniversary〜

OPEN:18:00 / START:18:30

ADV. 2500円 / DOOR 3000円(共にドリンク代600円別)

w/ GOOFY'S HOLIDAY / BELLRING少女ハート / おやすみホログラム

チケット: ローソンチケット / イープラス

大塚Hearts+店頭予約: 03-5944-5424(10月12日 15:00〜予約開始)

Limited Express (has gone?)予約あり→CONTACTから

問い合わせ:大塚Hearts+ (TEL:03-5944-542)(受付15:00〜22:00)

 

 

なんにせよ、Limited Express (has gone?)はいまのってますので、見逃すな!

author:JJ, category:-, 22:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ボロフェスタ2016に感謝をこめて

リーダー達のくじけない努力と、130人のスタッフのエネルギーと、関係者の協力と、アーティストの多くの名演に支えられて、ボロフェスタ2016が終了しました。

 

「やらいでか!」って言う自分たちを鼓舞するキーワードで10ヶ月前に立ち上げたボロフェスタ2016。

 

Limited Express (has gone?)の楽曲でOPが始まり、ゆーきゃんの楽曲で終ろうと思ったのは、8ヶ月前。

 

サニーデイサービスやクラムボンがOKしてくれて、ブッキングが急速に動きだしたのが、6ヶ月前。

 

ゴジラを創ろうってなったのが、4ヶ月前。

ボロフェスタ2016のテーマは『進化』に。

 

10周年のナノボロフェスタが3ヶ月前。

 

「ボロフェスタいつ終わるの?」鼎談が2ヶ月前。

http://borofesta.jp/interview/interview-1448/

 

ジモコロ出張トーク! 「音楽フェスってフックアップですよね?」が1ヶ月前。

http://borofesta.jp/schedule/jimocoro/

 

その他、α-station、KBS京都やMUSIC SHARE KYOTO等、様々なメディアが協力してくれて、伸び悩んでいたチケットは加速し、29日、30日はほぼソールドアウト。

実は、夜通しフライヤーやタブロイドを作ってくれてたスタッフや、休日の度にフライヤーを撒きにいってくれたいかした奴らを忘れたらいかん。

 

1週間前からみんなは現地入り。

良い意味と悪い意味のヤバイ報告が、毎日届くw。

木曜日からは、自分も現地入り。

まぁ、本番ギリギリまでヤバかった。

 

 

そして迎えた本番。

 

シンゴジラ vs モグラを極上のローファイで演出し、ロビーのステージは何故か土俵になり、玉入れやチンドン屋さんが出現し、ボローなる新たなる通貨まで登場。

 

はちみつぱいのロービートには、生き様を感じた。

 

京都の新たなるスター岡崎体育から、アンダーグラウンドスターのクリトリック・リスの流れは、ボロフェスタしか出来ねぇ。

bedの完璧なライヴまじやばかったっす。

サニーデイサービスの「セツナ」こそ、進化の極みだった。

その後のフロアBiSは、BiSの帰還を証明してみせた。

花泥棒がめちゃ良いライヴをしてた。

 

クラムボンの「ナイトクルージング」。

 

スカートの土俵ステージは、ありえないくらい似合ってた。

 

どついたるねんは、SEでモッシュを起こした。

ECDへの我々の気持ちは、必ず届いたはず。

BiSH→ハバナイ→リミエキ→リミエキ feat.BiSHで起こった会場のありえない光景は、ボロフェスタでずっとずっと見たかった狂乱の景色だった。

MOROHAは、5年の因縁をチャラにするライヴをした。

イースタンユース「夜明けの歌」でのステンドグラスオープンはあまりにも美しかった。

 

前代表加藤隆生も帰還した。

そしてみんなでエンドロールを見て3日間を振り返った。

 

代表という自由な立場もありほとんどのアクトを、そして演出や余興を見た。

どれもまじでまじで最高だった。

無駄なものばかりで、そこも最高だった。

みんなが笑いながらボロボロになっていく様に感動した。

 

来年のことは、今はまじ何も考えれないっす。

燃え尽きました。完全にボロになりました。

リミエキが1月にワンマンがあって良かったw。

なかったら、ほんま、復帰できひんかったかも。

楽しかったな。最高だったな。

ボロフェスタは、世界一のフェスだと思います。

 

皆様、ボロフェスタ2016、本当にありがとうございました。

 

ボロフェスタ2016は、皆で創り上げた最高の『巨大なパーティー』でした。

 

ボロフェスタ2016エンドロール

https://www.youtube.com/watch?v=SohZAVdx4cM&sns=tw

 

 

author:JJ, category:-, 00:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Limited Express (has gone?)『ALL AGES』がでて1週間が経ちました

Limited Express (has gone?)『ALL AGES』がでて1週間が経ちました。

 

 

近年では最も忙しく、最も情緒不安定でした(笑)。

 

アルバムが良いものであると言う自信と、もっと広まるべきだという思いの間に挟まれ続けておりますが、音楽人てそういうものなんだと思います。

 

もっと広まって欲しいという気持ちがなくなったら、ただの趣味になるので、そこは消したくありません。

 

 

タワーの新宿、渋谷ではコメント書いてきました。

あえて元レコ屋風に。

 

京都タワーや名古屋タワーでは、売り切れているようです。

もっと仕入れといてよねっ!!!

 

ディスクユニオンのT-shirts付きがめっちゃ好評なようです。

http://diskunion.net/jp/ct/news/article/2/61771

サイズがなくなってきているので、お早めに。

 

 

10月13日(木)@名古屋HUCK FINNの龍宮ナイトは、Have a Nice Day!とTHE ACT WE ACTと一緒でした。

 

Have a Nice Day!はとにかく浅見さんのメロディが本当に強い。バンドとしても可能性はめちゃくちゃあって、こりゃやべなるな! って思いました。

 

そして既にやべかったのは、THE ACT WE ACT! このバンドは、日本最強かもしれません。音楽性、バンド感、技術、センス、どれをとっても、超一級品です! 

対バン・イベントは、龍宮ナイトくらいぶつからないけませんな。

 

 

 

さぁ、そして次回は、

 

10月23日(日)@郡山 studio tissue★box+PEAK ACTION

LessThanTV presents『METEOTIC NIGHT 郡山』

OPEN13:30 / START14:00

ADV. 3000 / DOOR 3500(+1D)

w/ あぶらすまし / BAND OF ACCUSE / ColorMeBloodRed / DEATHRO / ENERGISH GOLF / FUCKER / Gofish / hapt / ジャンプス / Ohayo Mountain Road / ONE STROKE / Rebel One Excalibur / 篠原篤一 / SiNE / 滝沢朋恵 / トンカツ (二宮友和) and more !!!!!

 

リミエキ史上、初郡山!!!

 

 

そして、

ボロフェスタ2016!!!

10月28日(金)〜30日(日)@京都KBSホール

28日(金) OPEN 18:00 / START 18:55

29日(土)・30日(日)OPEN 11:00 / START 11:55

29日(土・京都METRO)OPEN/START 21:30

※Limited Express (has gone?)は30日(日)に出演します。

 

ボロフェスタ2016のリミエキは、ボロフェスタの15年の中で、一番すげぇライブをすることを宣言しました。

 

author:JJ, category:-, 01:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
リミエキニューアルバム『ALL AGES』の飯田的全曲解説

2016年10月10日。38歳になりました。しかも何年ぶりかの体育の日(祝日)。ってことなのに、アルバム発売が明後日とまったく落ち着かないので、飯田の視点から見たニュー・アルバム『ALL AGES』の全曲解説をしようと思います。インタビューとかでは楽曲のことにはあまりふれていないので、『ALL AGES』を紐解くアーカイブになれば幸い。

 

 

アルバムの構想は、2015年の年末くらいから。「あーもう創ろう!」って自然になるまで、アルバム発売が必然と感じるまでは創らないようにしていました。つまり、谷ぐち順(B)、もんでんやすのり(Dr)、小森良太(SAX)が入った新体制の「リミエキサウンド」の骨格が固まったと思えたのが、年末くらいだったように思います。

 

『ALL AGES』というタイトルはYUKARIが考えましたが、2016年のリミエキのテーマでもあります。共鳴(YUKARIと谷ぐち順の息子)を連れて全国を旅するなかで、またメンバー各人が様々な活動をするなかで、自然と現れてきたテーマです。

 

 

あくまでも飯田視点による全曲解説(購入後読んでくださいー)

 

1. NO MEAN 

ライブでも良く1曲目に演奏する序曲。ロービートでラフで悪そな感じの音を探していたらこんな曲ができました。歌は、普段のライヴよりも少しラフに歌っています。掴めない曲なんですけど、この感じって今のリミエキだなって改めて思います。

 

2. MOTHER FUCKER 

なかなか強烈なタイトルですが、USオルタナバンドのポニーテイルのような、フレーズがたってて、ビートもたってて、展開も多いけどパワーで押せる、そんな曲になればなと思っていたらリズム隊のおかげもあり、現在のリミエキの代表曲になりました。前奏のアレンジがベタでめちゃくちゃ好き。アルバムのミックスバランスは、本曲のミックスが決まることで決定したとのこと(エンジニア原浩一談)。

 

3、This world is too small for me

ライヴのラストに良く演奏する代表曲。RIP RIG & PANICにもっとハードコア・パンクの勢いを足したいと思っていたら、こんなに勢いがでちゃいました。Have a Nice Day!とのsplit mini album『Heaven Discharge Hells Delight』に収録されていますが、ライヴでやりまくった後のグルーブを記録したかったので、今作のために録りなおしました。

 

4、それはずるい

いかに点を合わせられるかがグルーブの鍵となる曲。SAXとギターの掛け合いが楽しい。ギターの早弾き部分は、原さんにしごかれましたが気持ちよく入っていると思います。原さんマジックが炸裂しています。

 

5、Looking for INSPIRATION

このメンバーでがっつりNO WAVEの曲をやってみようと思って創りました。ベースの延々に続くうねりは、相当難しいようです。上手すぎるお天気ボイスはYUKARIが喋ってます。そしてこの曲のYUKARIのボーカルは、めちゃかっこいいです。ラストのギターソロは、再現不可能です...

 

6、Discommunication

新体制になって、やっぱり創りたかった早くて短くてわけわからんヤツ。やっぱし、リミエキはLessThanTV所属ですから! HMVからリリースした7インチ(まだ少し店舗には残っているはず...)に初収録です。T-shits付き音源には、YUKARIと谷ぐち順のボーカルが入れ替わったバージョンが入っています。

 

7、ギャーギャー騒げ

ボロフェスタ2016のテーマ曲になるようなものが創りたいとメンバーにオファーし、リミエキ流のハードコアパンク曲がかけないかと皆でいろいろ思案しました。この曲相当手応えがあります。PVもつくりました。制作は、我々が絶対の信頼をおく大石規子さんです。


ギャーギャー騒げ MV 監督 : 大石規子

 

ボロフェスタ2016 PV 監督 : まつながとしお

 

8、METEO DAYDREAM

YUKARIが、メテオについて歌った楽曲。

「NASAに行くとか ジャッジもできやしない T. V. V. A 悪夢のはじまり 効きすぎてんじゃない?!」って歌詞は最高すぎますね! そしてメテオは「ウォーリーを探せ」をモチーフにしたMVを作りたいと進言。メンバーも監督も半信半疑で創ってみたら、こんなMVになりました。

 

METEO DAYDREAM MV

 

9、PSYCHO ME

リミエキ流のハードコアパンク。最初のYUKARIの絶叫「あのこのことがうらやましー」にすべてが詰まってます。

 

10、Good night kids 

USバンドErase Errataのような軽快で尖ったパンク曲をずっと創りたかった。でももう一味欲しくてSAXソロを小森君に入れてもらいました。Kamasi Washingtonみたいなやつお願いって言ったら、「?」をつけながらも最高のSAXソロを吹いてくれた。

 

11、インダストリア

90年代に活躍したTrumans Waterみたいな曲が創りたいって頭の中にあって、リズム隊が本曲のビート感でセッションを始めたので、「これだー」と思って創り上げました。これは、まだまだライヴで成長すると思っています。今のメンバーじゃないと絶対にできない突進感があります。

 

 

曲順は、ものすごく議論を重ねましたが、3曲めに「This world is too small for me」を、ラストに「インダストリア」を配置することで、皆が満足いく曲順を創ることができました。

 

2014年のメンバー変更後、限定7インチ、Have a Nice Day!とのスプリット、音源つき耳栓、2MUCH CREWとの合体アルバムなどをリリースしつつも、アルバムは充分に時間をかけて出したかった。最強のメンバーが集まったと思っており、1st albumのような充分に練られた、そしてグルーブ重視のフル・アルバムを創りたくて、そしてちゃんと待ったかいがあり、目指したものが出来たと思います。

 

新体制になってからは、

エンジニア : 原浩一 / 松田健一

映像 : 大石規子

デザイン : HIRATA TAKAHITO

発売元 : LessThanTV

と信頼できる仲間の協力を経て、彼らも含めたLimited Express (has gone?)のグルーブ感というものが随分にでてきたように思います。

 

これから、ゆっくり時間をかけてレコ発を回り、しっかりと今のリミエキを伝えていきたいと思っています。もうすぐボロフェスタが、1月にはワンマン@FEVER、そして来年夏頃には...

 

 

瞬間風速で終らない活動を目指して。10月12日に発売する『ALL AGES』は、ある人にとってはよくわからない音楽かもしれませんが、音楽なんて形のないものは「よくわからない方が面白い」と思っていますので、せっかくだから全世代に楽しんで欲しいですね。どうぞよろしくお願いします。

author:JJ, category:-, 12:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Limited Express (has gone?)の新しいMV『METEO DAYDREAM』 

Limited Express (has gone?)の新しいMV

『METEO DAYDREAM』 

がリリースです。

 

 

ベース谷ぐち順が、↓を言いたいがためだけに、リリース日が前倒しになりましたw。

 

【げき凹みMV公開!】

ハイスタがゲリラ発売というクソかっこいいことを仕込んでいる裏で、こんなクソくだらねーMVを仕込んで喜んでいた自分が本当に情けない。そして僕は今日、48歳の誕生日を迎えました。本日公開、リミエキの新MVです。 

 

 

我々、どんどんおかしくなっていませんか? と友人に訊くと、

あっ、いつもこんな感じですよ...

と苦笑されて、とても凹みました。

 

ぜひとも、ご覧ください。

 

 

アルバムの発売前に、ライヴが一つ。

 

10月6日(木)@東高円寺二万電圧

OPEN18:30 / START19:00

ADV.¥1500 / DOOR¥2000(DRINK別)

w/ THE DEAD PAN SPEAKERS / transkam / FUCK ON THE BEACH / はう

INFO 二万電圧 http://den-atsu.com

 

 

そして、ツアーに回ります。

今のLimited Express (has gone?)を届けるのが、めちゃ楽しみです!

 

10月13日(木)@名古屋HUCK FINN

龍宮ナイト VOL.81-never mind-

 

10月23日(日)@郡山 studio tissue★box+PEAK ACTION

LessThanTV presents『METEOTIC NIGHT 郡山』

 

10月28日(金)〜30日(日)@京都KBSホール

ボロフェスタ2016

 

11月23日(祝・水)@岡山 YEBISU YA PRO

LessThanTV presents『METEOTIC NIGHT 岡山』

 

12月4日(日)@大阪火影HOKAGE-

release party!

 

1月14日(土)@新代田FEVER 

one man show!

 

リミエキライヴ情報

http://www.limited-ex.com/live.htm

author:JJ, category:-, 09:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
秋のリアル脱出ゲームのスペシャル・コンテンツ達

リアル脱出ゲームの秋にリリースされる新作が、随分おもしろいので、

毎日わくわくしながら生きています。

 

つらっと紹介すると...

 

 

もはやテッパン! 全国の閉園後の遊園地を使って行われる

 

夜の魔王城からの脱出

あと一時間で、絶望が始まる。

http://realdgame.jp/maoujo/

 

 

明治村を使って行われる推理要素の強い謎解き街歩き

 

帝國ホテル支配人の華麗なる推理

仕組まれた2つの罠

http://realdgame.jp/event/manager_of_impperialhotel.html

 

 

リアル脱出ゲームの新システムが導入された

 

監獄アルバトロスからの脱出

史上最大の脱獄大作戦!!

http://realdgame.jp/albatross/

 

 

大人気シリーズの第3弾!

 

地下謎への招待状2016

ようこそ、忘れられない地下の謎へ。

http://realdgame.jp/chikanazo/3/

 

 

「君の名は」へのSCRAPからの回答?w

 

君は明日と消えていった

その手紙の本当の意味を、僕はまだ知らなかった。

http://realdgame.jp/kimiasu/

 

 

面白い理由で共通しているのは、

各公演を作っているチームの公演へのこだわりが爆発している所かなぁ。

どんな創造物も、やっぱりそうじゃないとおもしろくない。

売れる売れないで評価する前に、まずはそこ。

良いものは良い!

 

そんなことをでかい声で言いたくなるような、

秋のリアル脱出ゲームのスペシャル・コンテンツ達でした。

author:JJ, category:-, 08:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ボロフェスタ2016について

ボロフェスタは、今年で15年目です。

 

http://borofesta.jp

 

つまり仰々しくも、

 

THE 15th ANNIVERSARY

です。

 

 

 

文字通りボロボロになりながら続けてきましたが、

楽しかったことばかり思い出されるのは不思議ですね。

 

 

ってことで、皆勤賞のリミエキの曲で、

仰々しくもPVもつくりました。

https://www.youtube.com/watch?v=eY2UGp_U-N8

 

歴史的な名場面集です!

 

ボロフェスタ名物、39のアーティスト画コーナー始まりました。

@borofesta をフォローで。

 

 

facebookもやってますよ↓

https://www.facebook.com/borofesta/

 

 

ボロフェスタ2016、こちら全出演者です。

いろんなストーリーを入れたんですが、

蓋を開けば、やっぱりボロフェスタでした。

 

■28日(金)大前夜祭@京都KBSホール

はちみつぱい

cero

Homecomings

 

この日は、まじで美しい!

 

 

■29日(土)@京都KBSホール

クラムボン

夜の本気ダンス

岡崎体育

ゆーきゃん あかるい部屋バンド

tofubeats

jizue

空きっ腹に酒

never young beach

クリトリック・リス

スカート

立川吉笑

BiS

あっこゴリラ

中村佳穂

渡辺シュンスケ [Schroeder-Headz、cafelon]

bed

花泥棒

ときめき☆ジャンボジャンボ

DENIMS

台風クラブ

Gateballers

And Summer Club

TheSpringSummer

CHAI

華乃家(ちんどん練り歩き)

 

クラムボンが、14年ぶりに帰ってきた!

そしてサニーデイ・サービスは初登場。

でも曽我部さんは、主催を除けば最多出演。

BiS!!!

 

 

■30日@京都KBSホール

銀杏BOYZ(弾語り)

女王蜂

POLYSICS

天才バンド

グッドモーニングアメリカ

eastern youth

Limited Express (has gone?)

Have a Nice Day!

BiSH

生ハムと焼うどん

忘れらんねえよ

MOROHA

ワンダフルボーイズ

THE FULL TEENZ

渡辺シュンスケ [Schroeder-Headz、cafelon]

チプルソ

manchester school≡

Doit Science

yonige

愛はズボーン

ビバ☆シェリー

FUCKER

ナードマグネット

nim

ミノウラヒロキ・マジックショー

 

この豪勢なメンツのなかに、ハバナイやリミエキがゾンビパーティー。

そして、MOROHAが遂にKBS HALLへやってくる!

 

 

■29日夜@京都METRO vol.夜露死苦

踊ってばかりの国

どついたるねん

YeYe

Seuss

メシアと人人

HALFBY

PARKGOLF

ナカシマセイジ(Alffo Records)

mogran'BAR

 

この夜はまじでかっこいい!

泣ける気しかしないね。

author:JJ, category:-, 01:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Limited Express (has gone?)と2MUCH CREW

JUGEMテーマ:音楽

で、

『CHAMPURU OF DOOM』

というアルバムを出しました。

 

 

タイトルよりも、

「あの閉まらないCD、欲しいんですけど...」

って言われます。

 

 

ここに詳しく載ってます

まじかよ、CDケースが閉まらない、え、輪ゴム?

http://ototoy.jp/news/84165

 

 

 

初めて一緒に創らせてもらったイルドーザーの

阿部周平氏のデザイン・ジャケットですが、

はんぱなかったです。

現物のサンプルを見せてもらって、

「ふぇぁやあぁぁぬぉ」

と言う声にならない声をあげました。。。

 

9年CD屋で働いていたけど、

間違いなく一番びっくりしたジャケットでした。

手にとる価値があるって、こういうことですね(笑)。

 

 

なんでこのアルバムを創ることになったかは、

ここで詳しく読めます。写真が酷いwww

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ 

http://ototoy.jp/feature/2016090101/

 

 

1. ぞくぞくふらふら

2. TV破壊クラブ

が、こちらで聴けます。

中身も、「ふぇぁやあぁぁぬぉ」って感じです。

https://less-than-tv.bandcamp.com/album/champuru-of-doom-ch-157

 

 

売っているお店は、ここだけです。

 

【取り扱い店舗】

・タワーレコード新宿店

・タワーレコード京都店

・ディスクユニオン[オリジナル特典:缶バッジ付き]

・C.R.A.C商店

・JET SET

・HOPKEN

・CHILITA

・トラスムンド(〒156-0044 東京都世田谷区赤堤4-46-6)

・Los Apson?

・PERCEPTO MUSIC LAB

 

閉まらないCDなので、

自分でよっこらよっこら作っており、

大変なので、正直、もう増産予定はあんまりないです。

なので店頭にある分で終了かな... って思ってるのでお早めに。

 

Limited Express (has gone?) × 2MUCH CREW 

CHAMPURU OF DOOM 

 

1、OBSCURE DESIRE OF… 

2、ぞくぞくふらふら 

3、PARLAMI DI MI / LA DOLCE VITA 

4、SUPER LOVERS 

5、SOUND AND VISION 

6、ANARCHIC ADJUSTMENT 

7、TV破壊クラブ 

8、FIORUCCI 

9、CAN I KICK IT ? 

10、CHAMPURU OF DOOM

 

LessThanTV

ch-157

 

 

こんな楽しい思いをさせてもらった、

2MUCH CREWと阿部周平氏に感謝!

 

author:JJ, category:-, 22:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark