RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
バケモノの子
細田守監督の3年ぶりの新作「バケモノの子」を観にいきました。

彼特有のスピード感はそのままに、
渋谷を舞台に駆け巡るのは、
不思議と親近感を覚えるもの。

人間の黒い部分や、
バケモノの剣が抜けなくなっているのは、
タイムリーに安保法制強行採決のことを考えてしまいます。

染谷将太の声がへたくそすぎるのはどうかと思うが、
サマーウォーズほどの衝撃はなかったけど、
細田守監督の作品は、やっぱり好きですね。
author:JJ, category:-, 01:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:59
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://limited-ex.jugem.jp/trackback/2149